ニキビによる心理的悩み

ニキビによる心理的な悩み

ニキビは顔面に出来る為コンプレックスに悩む人が多い。ニキビの所為で周りから中傷されたり、自尊心や自信の喪失でまともにコミュニケーションがとれずにひきこもる場合もある。

当の本人にとっては、顔に出来たニキビというのは非常に辛いものであり、家族・友人・恋人等、周囲の人々は心理的ストレスなど理解が必要である。

ニキビが治るにはいつになるか先が見えず、治った後もニキビ跡(凹クレーター)などで30代から40代まであるいはそれ以降も苦しむ場合がある。

コンプレックスにならなくとも、ニキビが出来たことでストレスの原因になりそれがまたニキビになりえるため悪循環が始まる場合も少なくはない。

難しい話だが、ニキビが出来ても気にしないで焦らず必ず治るという、前向きな思考で過ごした方が精神的にも肌のためにも良い。あまりにも気になる場合は、近くの皮膚科などに通院することが望ましい。

(ウィキぺディアより引用)

 | ニキビによる心理的悩み